2008年01月30日

悪性リンパ腫

昨日、用事があっておばの所へ行って来ました。

そこで聞いた話。

いとこ(37歳)の友達の旦那さん。
ずっと体の調子が悪くて 痛み止めの薬を飲んでいたそうです。
ただ、忙しくて病院へは行っていなかったそうです。

今月のある日、自宅で吐血。
すぐに急患で病院へ行くと、そのまま入院。
胃に無数の潰瘍が出来ていたそうです。

そちらはすぐに手術をしたそうですが・・・。
残念なことに 旦那さんは「悪性リンパ腫

旦那さんは45歳。
子供は今小学2年生の男の子と、今度小学校に入学する女の子。

これから治療をしていくみたいだけど・・・。
家族のショックはいかばかりか・・・。

全くの他人の私でさえ、二人に面識があるだけに、かなりショックでした。

人の命って・・・。
運命って・・・。

今日、普段と変わらない生活を送れることは 本当に奇跡的ですね。

明日も、家族で笑顔で過ごせますように・・・。


posted by ゴマぽんち(o^-^o) at 14:32| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | なんだかなぁ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

新年早々・・・

明けましておめでとうございます。

実は、昨日新年早々、悲しい出来事が起きました。

それは・・・。
友達の離婚

厳密には、息子の友達のお母さん。
でも、私も息子を通して友達になりました。
去年の春、引越しをして、息子も転校をして、何もわからない状態で不安な中、息子を野球部に誘ってくれて、親子でとてもよく面倒を見てもらっていました。

時々、小姑とのいざこざ話を聞いていました。
が、それはあくまでもよその家の中のこと。
私は聞くことは出来ても、それについてとやかく言う権利もないし、そんな気もありませんでした。

ただ、一つ、いつも不思議に思っていたのは
「今度何かあったら、私だけ追い出される。子供たちと離れたくない」
と言っていました。
「何故、子供を置いていかなかればならないのか?」
と尋ねると
「それが条件なの」
と言っていました。

他人の家での出来事は、知るよしもなく、当然双方の言い分があると思いますが・・・。
私から見る分には、お父さんが出稼ぎで不在の中でも、子供のことは一生懸命やっていました。

数年前に、小姑である義妹が嫁ぎ先に敷地に家を建て、帰ってきたとか。
それから、間もなく、長男の嫁である友達家族は家を出され、たちと別居したそうです。
でも、それは離婚をして戻ってきたわけではなく、子供に障害があるため、実家の手を借りることもあると言うことで戻ってきたとか。

それは、それぞれの事情だし、障害を持ったお子さんがいるということは、とても大変なことだと思います。
私の身内にもいるので、直接手をかけなくても、その大変さは多少なりとも理解しています。

でもね・・・。
何で、「子供をおいて出て行け」
という発想になるんだろう・・・。

事情はわからない。
だけど、
「子供たちは、ばーちゃん所に行きたくないって言うのよ」
と、休みの日も遊びに行ったりしなかったようです。

それが、昨日とうとう離婚
友達は子供をおいて実家へ帰ることになったと電話をよこしました。

離婚は仕方がないこと。
のいざこざ、プラス小姑の存在も仕方ないこと。

でも・・・。
母親と子供を離れさせるのは、どうも納得がいきませんでした。
子供たちにとって、いなくてもいいような母親ならともかく。

他人の家のことだから、何も言えないけど・・・。
ただ、子供たちのことが心配です。

慣れない環境で、自分の母親を嫌っていた人たちに囲まれて暮らすことになってしまった子供たち。

何も力にはなれないけど、見守ってあげようと思います。
ラベル:離婚 小姑
posted by ゴマぽんち(o^-^o) at 11:40| 岩手 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | なんだかなぁ・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。